『Mr.デリバティブの成り行き相場ざんまい メールマガジン』バックナンバー

2012年05月30日号:「資金力と心の問題」
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■□
■□
  【 Mr.デリバティブの成り行き相場ざんまい メールマガジン 】

  フェアラインパートナーズ株式会社 関東財務局長(金商)第2587号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■■□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ■■ ~ 資金力と心の問題 ~ ■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

     名作セミナー・DVDシリーズ 日経225先物取引
     『アノマリーを探せ!』 第1巻 発売中!

     ⇒ http://www.fairlinepartners.com/dvd/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

投資家の皆さん、こんばんは。
相変わらず冴えない相場展開ですが、いかがお過ごしでしょうか。
4/4に10000円を割れた日経平均は、ついに5/24に8500円を割り込む水準まで
下げてきました。
1月中旬から上昇を始めて一気に10000円の大台に乗せた時には、「本格上昇
相場の始まりだ、13000円だ」などと、煽るだけ煽って見事に外資系証券に
売りポジションを作られて梯子を外されてしまいました。

そういう私もこの下落相場にはうまく乗って利益を上げることができません
でした。最近のオプション取引の状況ですが、結局4月はチョイやられ、5月
は月利4%~5%程度の利益で終わりそうな感じであります。
後になってトレンドラインを引いてみれば、或いは素直にトレンドフォロー
のシステムに従って売りポジションを継続していれば・・・など、簡単にと
れるはずの相場だったはず?なのですが、人間の心というものは実に弱いも
のであります。

相場を張る投資家の心には、どうしても欲がありますから、「損はしたくな
い、だがもっと儲けたい」など、余計な相場観が正しく行動すべきタイミン
グで邪魔をしてきます。周りの人間がどんどん強気になり、マスコミがあお
り、とんでもない突飛な強気予想で目立ちたがる人がしきりに買いを煽る時
は、黙って売りのタネをまけばいいのですが、凡人にはそれができません。

では、どうすればいいのかですけど、自分なりに思うところとしては、人の
相場観、特に評論家やストラテジストなんてエライ人の予想はまず聞かない
に限るということでしょうか。ラジオなんか聞いていると、「この詐欺師は
ほんと良くいうよなぁ、この前と言ってることがぜんぜん違うじゃん」なん
てしょっちゅうです。あるお客さんが言ってました、とある有名株式投資顧
問の銘柄情報で買いを勧められ買ってみた。その後ナンピンの指示が来てま
た買った。その後、最後は投げろと来た。あまりの誠実さのない指示で、一
気に信頼が消え失せたと。

これも相場ですから、ダメだと思えば投げろとの指示を出すのも当然ですし
、何が誠実さを感じられないのかわかりません。が、基本的には、「わたく
しの申した通りになっています」なんで自分で言う奴は、まず信用出来ない
と考えていいと思います。「勝ち方はともかく、負けないやり方なら教えら
れます」なんて奴は問題外で、相手にするだけ時間の無駄です。
損しない方法は、聞くまでもない、投資をやらないことです。

現物株が好きな個人投資家のほとんどは「株は買うもの」と、思っているか
も知れませんが、1989年からのバブル崩壊で日経平均が40,000円から8,000円
台まで下がっている相場の中で、買いで儲けるって考えること自体に無理が
あるのは、足し算引き算ができる人ならおわかりでしょう。
未だに昔ながらのやり方で、Aって銘柄は買いだ、Bって銘柄が買いだと、や
っているところはすごいと思います。

1990円台半ばですが、大手証券のトレーディングセンターで、とある有名な
投資家の口座をのぞかせてもらったことがあります。その方は、口座に50億
だか60億だかを入金されておられ、1ページに30行位の信用の建て玉が一覧
表で出てくるのですが、70、80ページの全てが売り建て玉でした。
もちろん買いポジションは全くありません。
担当者に聞いたところによると、ある銘柄がバーンと上がるとすると、その
銘柄を空売りすることは当然ですが、同業種、周辺銘柄が連れて上昇したと
ころを全てまとめて空売りするのだそうです。当時は日経225先物などをや
る時代ではありませんでしたので、売りといえば空売りです。
持ち上げられても、豊富な資金力で辛抱し、下がるのを待つのだそうです。
日経平均株価が30000円の時代から、売りまくっていたわけですから、どれ
だけ儲かっているのか、想像もつきませんね。

お客さんをみていても、買いの好きな人、売りの好きな人、色々います。
不思議なもので、買いが好きな人は、買いポジションは大きな評価損でも平
気で我慢できますが、売りのポジションは踏み上げられるのが怖くて怖くて、
少しの評価損でも我慢出来ないのだそうです。面白い話です。
強気一本のストラテジストで有名な武者さんなどは、間違いなくこんなタイ
プなのでしょう。18000円で買いを勧めて今、8000円になっていようが、そん
な短期のタームで相場を見てはいないのだと思います。
おそらくコンドラチェフの波、50~60年の周期で相場をみているからこそ、
世俗の株式市場の10000円や20000円の上げ下げなど、全く問題にしてはいな
い。全てを超越した大きな器で相場をご覧になっているに違いありません。
そうでなければ、騰落レシオ120超だろうが、60台だろうがいつでも株式は
買いと人前で堂々と言うことは出来ないと思います。

目先の10円、20円の日経平均の上げ下げで日々のしのぎを削っているような
こざかしいデイトレーダーなど、別世界の虫みたいなものでしょう。
とは、言いましても何とか日々の売買で利益を上げたい、何とか儲けたいと
売買してる投資家、職業トレーダーは沢山います。ディーラーを含めて。
私の友人のディーラーともよく話すのですが、「売り屋が買いで儲けようっ
たってだめだよね」と。どういう投資手法を使うのも自由ですけど、自分の
勝ちのスタイルを身につけて、それで勝負するということが肝心でしょう。

あとは、かの著名な投資家じゃないですが、豊富な資金力でしょうか。
限られた資金の中でカツカツの勝負をするのもスリルはありますが、リスク
許容度が低くなりますので、不利な状況に置かれた時に我慢が出来ないので
す。私の友人でSQ前に毎月コールを売って100万円近く儲けている奴がいる
のですが、何社にも口座を作って、ここで20枚、あそこで30枚、別のとこで
また20枚なんて、やっていますが、含み損を抱えると、布団をかぶって寝て
しまって時間が経つのを待っています。
これも余裕のある資金を入れているからできるのですが、この作戦でみてい
る限り結構儲けているんです。私はお客さんを抱えていますので、無理を
したくても早めに損切ってしまいますが、腹を決めた投資家、自分の懐で勝
負してる奴は強いです。まして布団かぶって寝るのは強い、怖い場面を目に
しませんからね。特にオプションの売りはどれだけ我慢が効くかが勝負の分
かれ目になります。

バーンと構えてじっと待てる人。そういう人が最後の果実を手に出来る人な
んでしょうね。システムトレードでも同じですね。100%勝てるシステム売
買はないわけで、たいてい半分近くは負けます。途中負けが込んで、嫌にな
る時もありますけど、逆に負けが込んだ後にやるほうが、いい結果が待って
いるのはいつものことです。
6月17日のギリシャの選挙、ギリシャに続きスペインの問題も出てきて、世
界的な株離れが叫ばれています。株なんかもう沢山だと。。。売りでも買い
でもいいから、値動きのないナギ相場ではなく、それなりに動いてもらって、
その中でうまく踊って儲けて、たまにはぱぁ~っと飲みに行きたいものです
ね。頑張りましょう。

次回のメルマガでは、厳しいディーラーの世界の話でもしたいと思います。

 堀川秀樹



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

     日経225先物取引「アノマリーを探せ!」セミナー開催!

     ⇒ http://www.fairlinepartners.com/seminarwk/

     第3回『リスクオン・リスクオフを見極めるポイントはこれだ!』
      …2012年6月16日(土)14:30~16:30 @東京・八重洲通

     ⇒ http://www.fairlinepartners.com/seminarwk/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

     堀川秀樹 責任監修
     日経225先物・売買シグナル配信ソフト「THE TRINITY」
          ~ ザ・トリニティ ~

     ⇒ http://www.fairlinepartners.com/trinity/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

     名作セミナー・DVDシリーズ 日経225オプションセミナー
        『ポジションの芸術、ここに極まる。』

     ⇒ http://www.fairlinepartners.com/info/

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

    メールマガジンのバックナンバーもご覧いただけます。
     ⇒ http://www.fairlinepartners.com/mailmag/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本メルマガに対する免責事項】
「Mr.デリバティブの成り行き相場ざんまい メールマガジン」はフェアライン
パートナーズ株式会社(以下、当社)が発行するメールマガジンです。本メー
ルマガジンは投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資等の勧
誘または推奨を目的としたものではありません。内容については万全を期して
おりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって
生じたいかなる損害についても、当社は一切責任を負いかねます。最終的な投
資判断はご自身の責任でお願いします。なお、当社が提供するすべての情報に
ついて、当社の許可なく転用・販売することを禁じます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ◆特別商品取引法に関する表記
 http://www.fairlinepartners.com/spec/index.php#3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本メールマガジンを解除されたい方は、このメールアドレスまでその旨明記
 の上ご返信ください。(mailmag@fairlinepartners.com)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   発行者   : フェアラインパートナーズ株式会社
           関東財務局長(金商)第2587号
   発行責任者 : 堀川秀樹
   URL   : http://www.fairlinepartners.com/
   Mail  : mailmag@fairlinepartners.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright fairlinepartners (C) All Rights Reserved.

前のページに戻る